育児・教育

【読み聞かせ】英語と日本語で読み聞かせできるおすすめの絵本

子供が小さい頃から読み聞かせをしてあげると、子供の能力に大きな影響があるとはよく言われていますよね。

得に最近は英語の読み聞かせに注力しているご両親も多いのではないでしょうか。

 

以下のモンテッソーリ教育の本においても

英語に苦手意識を持たない子どもに育てたいなら、乳幼児期から英語に触れさせることは有効です。

と記載があります。

小さい幼児を英語に触れさせるには、まずはご両親による読み聞かせが一番早いでしょう。

 

 

ではどんな絵本がいいでしょうか。

僕が見つけたのは、こちらの絵本です。

 

 

はらぺこあおむしです。

 

 

 

以下の写真のように、日本語と英語が一緒に書かれているので、両言語の読み聞かせが可能です。

 

 

なお、英語の読み聞かせには、ついつい

「自分のような下手くそな発音で読み聞かせして大丈夫かな。。。」

「変なクセがついたり、間違った発音を覚えてしまったらどうしよう」

と考えてしまいがちですよね。

 

それなら、自分が読み聞かせるより、ネイティブ発音のCDやyoutubeなどを聴かせる方がいいのではないかと思う方も多いでしょう(僕もそう思いました)。

 

しかし、youtubeやテレビなどの声は、赤ちゃんが聴かないみたいです。やはり親の声でないと、赤ちゃんが耳を傾けないらしいんです。

だから、下手でも親自身が頑張って読み聞かせをしてあげる方が効果的。

 

それに、発音はあまり気にする必要はないのだとか。

先ほどのモンテソーリ教育の本にも、「気にする必要はない」と記載があります。

どんどん読み聞かせてあげましょう。

 

下手なら(僕もですが)、

「読み聞かせをいい機会に、自分も発音練習しちゃおう!」

「これこそウィンウィンではないか」

くらいの気持ちの方が続くかもしれませんね。

 

 

 

おわり

-育児・教育

© 2020 Chot🌟 Better🌟 Powered by AFFINGER5