育児・教育

【妊活】男性が病院に行かず自宅で出来る検査キッド(費用も抑えられます)

妊活を始めるにあたって、男性も自分の生殖能力が心配になることもあるでしょう。

「検査をしておこうかな」

 

ただ僕らの日常は激務。

休暇を取ってまで、病院にわざわざ行く気になれないという気持ちも。。。

それに病院の個室でいろいろと手作業を施し、ブツを手渡すのも抵抗感ありです。

 

そんな憂鬱な気持ちでGoogleに相談してみたところ、病院に行かずとも検査できる方法を教えてくれました。

病院に行かずに、手軽に、かつ安い費用で、スピーディに検査出来る方法があるんです。

 

"不妊の原因の約半分が男性側に原因がある"

と言われることもあります。

 

何か問題が見つかれば対応することが可能なので、時間を無駄にしないためにも、妊活前に検査をやっておくに越したことはないと思います

そう。

妊活は年齢や時間との勝負ですからね。

 

それでも病院で検査するのはどこか気が進まないと思います。

見たくない現実がそこにあるかもしれないという恐怖心もさることながら、こういう検査はできればこっそりやりたいという人もいるでしょうし。

 

自宅で、かつ誰とも話すことなくネットで完結。

かなりスピーディに検査が出来る方法を試したので、紹介します!

 

 

1.男性が自宅で出来る妊活検査

 

不妊治療は男性にも原因があるとはいえ、検査となるとなかなか気が進まないです。

費用もかかる。

 

それに忙しいと、なかなか病院へいく時間も取れないですよね。

 

そこで、自宅で出来て、病院へいく必要のない検査方法がありました。

ベビーライフ研究所。

 

 

ベビーライフ研究所

 

手続きの順序は以下。

手続き

  1. ネットで申し込み、支払い
  2. 郵送でキッドが届く
  3. 自宅で採取
  4. 郵送で返却
  5. 後日メールで結果受領

 

どうでしょう。

病院にいくこともなく、誰にも会うことなく、検査できる。

価格は5千円ほどと、決してべらぼうに高くはないです。

 

こっそりと手軽に検査する上で、この上ない選択肢ではないでしょうか。

 

 

届くもの

申し込むと数日で自宅にキットが届きます。

キッドと言っても、返送用の封筒と「袋」、それから説明書くらいのものですね。

 

 

プライバシーを配慮してくれていて、送り主は「ベビーライフ」ではなく「パスクリエイト株式会社」。

「妊活検査」を全く想起させない会社名なので、家族がいても安心ですよね。

 

内容物も少なくシンプルなので、僕はただの広告の入った郵送物かと思い捨てかけたので、気をつけてください。

 

 

 

2.検査で分かること

 

通常、精子の検査のメイン指標は4つと言われます。

メイン指標

  • 量
  • 濃度
  • 正常な形をしている率
  • 運動率

 

このベビーライフ研究所の検査は、上の4つのうち一つだけ検査できないものがあります。

運動率。

 

この検査は郵送する必要があるため、検査する頃には精子が動かなくなってしまいます。

だから、運動率のみ測ることができない点は注意。

 

とは言え、他の3つ(量や濃度、形が正常化そうでないか)についての検査ができます。

これにより不妊の男性の原因である「乏精子症」「無精子症」でないことが確認できるんです。

これだけでもかなり安心ではないでしょうか。

 

 

自分の数値を調べてくれて、基準値とどのくらい乖離しているのかを調べてくれる。

 

ここで

「基準値とは?」

を説明しておきます。

基準値は「日本人の平均?」かと思っていたのだが、そうではなくてWTOが出している基準値というものを使うそう。

 

そもそも、正常でかつ普通に妊娠した人はこういう検査をしないので、正常な人も含めた日本人の平均値をとることが難しいのだそうです。

 

 

 

ベビーライフ研究所のプラン

この研究所のプランは4タイプ。

  1. 1回検査プレグナクトEX (4,980円)
  2. 2回検査プレグナクトEX (8,800円)
  3. 1回検査プレグナクト (3,480円)
  4. 2回検査プレグナクト (6,800円)

 

 

違いは、検査できる回数が1回か2回か。

それからおたまじゃくしの写真が欲しいかどうか、です。

 

ホームページのプランを表にまとめました。

  おたまじゃくしの写真付き おたまじゃくしの写真なし
検査1回分 4,980円 3,480円
検査2回分 8,800円 6,800円

 

ぼくは左上の4,980円のプランを選択。

検査1回と、おたまじゃくしの写真がもらえるプランですね。

 

ぼくは一回分にしましたが、精子量や状態は体調にも寄るらしいので、「2回は検査を受けた方がいい」らしいです。

心配な方は、2回がんばってください。

 

友人は徹夜明けで病院に行ったら検査結果がイマイチで、その検査に大いに不満だったようで、3回も検査したようです。

 

 

おたまじゃくしの写真が必要かどうかですが、

個人的には、もらったものの、

...まあ不要かな

というのが率直な意見でしたね。

写真見ても、何一つ分かることがないという。。。

 

 

結果はメールで

結果はメールで来ます。

郵便に出してから丸2日ほどで届くでしょう。

僕の場合、7/24(水曜日)の朝郵便ポストに投函し、7/26の午前中にはメールを受信していました。

めちゃめちゃ早い。

 

ちなみに、メールはすごくあっさりしています。

シンプルすぎて、またまた見落としていたので、よくメールチェックをしてください。

 

一つ注意点は、できるだけモノを良い状態で届けて検査してもらうため、投函と検査の日が土日をまたがないように気をつけること。

できるだけ平日の月〜水曜日に郵送することが望ましいでしょう。

 

 

 

3.僕の検査結果とまとめ

 

自宅で出来る男性の妊活検査について紹介しました。

この検査に向いている方は、忙しくて病院に行く時間がないビジネスマンや、病院での検査に抵抗があるメンズでしょう。

 

病院での検査に比べ、すべての項目の異常が確認できるわけではないです。

とは言え、このキッドだけでも分かる情報は多いし、実際にぼく自身も随分ホッとしましたよ。

 

これだけで、パートナーへも安心を届けられるはずです。

 

 

ちなみに、ぼくの結果ですが、、、

量はWTO基準値の2倍

濃度はWTO基準値の10倍

 

結果をみた途端、どことなく忘れていた男の自信と活力がよみがえってくるようでした。

 

 

終わり

 

-育児・教育
-

© 2020 Chot🌟 Better🌟 Powered by AFFINGER5