育児・教育

【妊婦の体調変化の全記録】妊娠からのお腹の大きさやつわり、胎動はどう変わる?

妊娠から出産まで、体調やつわり、お腹の大きさの変化を写真つきでご紹介します。

Pちゃん
妊娠から出産までに感じたこと、体の変化を記録していたので、体験記として書いてみました!

妊娠されて、これからいつ、どんなことが自分の体に起こるんだろうと不安になっている方に参考にしていただけたら幸いです。

 

 

1ヶ月目(0週〜)

一般的な数え方は

「最後の生理の開始日を0日」

とするカウント方法ですので、これにならって記載していきますね。

 

Pちゃん
最初の1ヶ月目は妊娠していても全く自覚症状はありませんでした!

これまでも何度もチャレンジしてうまくいっていなかったので、「次の生理が来るかな〜来ないかな」といつも通り心配していました。

 

実際はすでに着床など、ステップが相応に進行していたはずですが、そういった妊娠ステップを体で感じ取れる部分は全くないと言って思います。

 

 

2ヶ月目(4週〜)

私はこれまでも生理が遅れたことはほとんどなく規則正しい周期を繰り返していたのですが、最初の一ヶ月で生理が来なかったので、妊娠を疑い始めます。

市販の妊娠検査薬を使って調べるのですが、これは「生理開始予定日から一週間後を使用するのが目安」とのこと。

 

そうは言っても気持ち的に待てるはずもありません。

Pちゃん
いわゆる「フライング検査」をしてしまいますwww

 

 

生理予定日にやってみたところ(本来なら早すぎるのですが)、なんと陽性反応がでたんです。

 

これまで真っ白のままだったのですが、うっすらとピンクの線が入ったんです。

思ったより薄かったので、

「これって??陽性???でいいんだよね??」

とやや半信半疑でしたが。

 

 

 

さていきなりですが、次の日から早速体調に変化が現れます。

匂いに敏感になったんです(気持ちの問題もあるかもしれませんが)。

いつも電車で通っているのですが、いつもは気にならない周囲の人の匂いが気になったんです。

いきなりすぎて驚いたことを覚えています。

 

また4週の最後あたりの日に、これまで感じたことのない雷が落ちたような腹痛に襲われた日がありました。

「妊娠の影響?胎児は大丈夫かな」

と不安になったのですが、結果的には気にすることはなかったようです。

 

 

そして、(一般的には早い方なのかもしれませんが)5週に入ると「つわり」のような症状が出始めます。

車に乗ると気分が悪くなりました。

また平時でも胃のあたりがムカムカするような感じが始まります。

 

 

次に胎嚢の確認です。

検査薬が陽性だからと言っても、病院でこの目で胎嚢を確認し、正式に妊娠したと診断されるまでは信じられないですよね。

しかし産婦人科に早く行き過ぎると、この胎嚢が確認できないケースも。

 

私の場合、5週2日で病院に行ったところ、胎嚢を無事確認することができました。

 

6週に入ると、「食べづわり」が始まります。

お腹が空くと、異常な気持ち悪さを感じるんです。

とくに朝は空腹のせいなのか、気持ち悪さがすごい...

 

気持ち悪くなるのが怖く、寝室のベットの近くや会社への出勤の際に、ナッツやドライフルーツなどすぐにお腹に入れられるものをZIPロックに入れて常に持ち歩いていたくらいです。

 

家にいても気持ちが悪くて、「とにかく横になりたい」「寝たい」という辛い時期でした。

 

そして恐れていた嘔吐です。

7週で初めて盛大に吐きました。

早朝に4回、会社から帰宅後に4回という日もありました。

 

 

3ヶ月目(8週〜)

3ヶ月目に入ったら、先月感じていた「朝の気持ち悪い」が不思議となくなっていきました。

ただ、食欲がない日が続きました。

また、たまに下腹部が痛むことがあったのは気になりました。

 

吐き気はおさまりません。

2〜3日に一度は定期的に吐いていました。

 

電車でも行き帰りに気持ち悪くなることもあり、「席に座らないと無理」という状態になるのが怖く、マタニティマークをつけ始めました。

その効果もあり、電車で今月4回譲ってもらいました。

 

 

いつ、どういう時に吐き気が来るのか分からないので怖いのですが、私の場合一つの傾向がありました。

みかんを食べると吐くんです。

これまでみかんを食べて吐くようなことは経験なしです。

 

このように思いもよらない食材が自分の体にダメージを与えることもあるので、気をつけてくださいね。

 

 

Pちゃん
お腹の大きさには、まだ目にみえた変化はありません。

 

 

 

4ヶ月目(12週〜)

職場で仕事中に眠たくなることが増えました。

またオフィスで足を組みたくなりました。これまで職場で足を組むようなことはなかったので、体のバランスが変わったのかもしれません。

 

食欲に関しては、朝昼は食べれたけど、夜はあまり食欲がわかないということが多かったように思います。

嘔吐地獄は、まだまだ続きます。

 

お腹の大きさは、外見上はあまり大きくなったようには見えません。

「大きくなってる??どうかな??」

という、物足りないというか、ちゃんと成長してるのかなと不安になったりする状態なのですが、たまに子宮がピキピキと軽く痛み、

「ちょっとずつ大きくなっているのかな」

という実感も少しずつ出てきます。

 

 

 

5ヶ月目(16週〜)

一般的には5ヶ月目、16週以降を安定期と呼びます。

安定期に入ると流産のリスクがグッと減るのに加えて、母体のつわりなどの症状も落ち着いてくることから、まさに「安定」してきます。

 

この月になると、お腹が出てきたのが周りからもはっきりとわかるようになってきます。

 

 

おなかが大きくなっていくということは、心配すべきは”妊娠線”ですよね。

妊娠線との戦いについては、私は結果的に優勝できたのですが、本当に毎日のケアがモノを言います。

 

 

そしてさすが安定期。

私も「つわり」を感じることはほとんどなくなりました。

外出してこれまでのように1時間程度歩いたりしても、とくに体に負担はなかったですし、気分が悪くなることもなくなりました。

 

 

Pちゃん
お腹がかなり出てきたような気がしたので、妊婦に良いと言われる抱き枕を購入。

結果的には妊娠後期には大活躍なのですが、この時は(買ったものの)そんなに必要性を感じず、ただベットを占拠するだけの巨大なクッションでした・・・

 

 

初めて胎動を感じたのは19週でした。

とても嬉しかったです。

 

 

この月くらいになると、胎児によっては性別が分かることもあるそうです。

私の場合は「女の子っぽいけど、よくは分からないねえ」と次回検査に持ち越し。

 

 

6ヶ月目(20週〜)

この月は、お腹はみるみる大きくなっていくものの、気持ち悪さやつわりも全くない平穏な月となりました。

 

これまで安静にしていた生活でしたが、産婦人科の先生からも

「運動はした方がいい」

と言われ、急に運動不足を実感します。

 

折しもこの時期はコロナウイルス感染拡大の影響で自宅待機が多かったので、異常なくらい外出も運動もしていなかったと思います。

そこに危機感を覚え、NINTENDO SWITCHのリングフィットアドベンチャーを購入することで運動不足解消を狙います。

 

またコロナの影響で自宅待機が多すぎて暇すぎましたので、パン作りを始めたりしました。

めちゃくちゃ心にも体にも余裕がありました。

 

Pちゃん
妊娠による生活のしにくさを感じることはほとんどない安定感のある月だったですね。

 

 

7ヶ月目(24週〜)

7ヶ月目はかなり頻繁に胎動を感じるようになります。

 

お腹も大きくなってきており、産婦人科の薦めて妊婦用の腰ベルトを購入。

トコちゃんベルト2というやつです。

 

運動については、youtubeをみながらマタニティヨガをやってみたり、ストレッチをしてみたりなど、極力体を動かす習慣を失わないようにしました。

 

 

7ヶ月目の検診で

「ほぼ女の子でしょう」

と診断されましたでの、この辺りから赤ちゃんの名前も検討し始めます。

 

 

8ヶ月目(28週〜)

この月になると、お腹もパンパンです。

 

胎動も頻繁ですし、その強さもなかなかの激しさ。

たまに胎動を感じないと、逆に「あれ?静かだなあ」と不安になるくらいです。

 

この月くらいになると、胎動があったらお腹のどこかをつつくと、赤ちゃんがつき返してくるというような遊びもできたりします。

 

お腹の中にいても、もうすでに耳は聞こえていると言われます。

Pちゃん
私は部屋にクラシック音楽をかけたり、読み聞かせにより声を聞かせてあげる試みもスタートしました。

 

歩くことは問題なく、体への負担もとくにないように思えたので、散歩にはよく行くようにしました。

 

また「歩けるうちに」ということでベビー用品を見にいったり、出産準備グッズ・ベビーカーなどの説明を聞きに店舗に行ったりしました。

(実際に9ヶ月目は少し動くのが辛かったので、この時期に行っておいてよかったと思います)

 

ベビーカーは実際に重りを入れて押してみると、押しやすさや安定感にかなり差があるので、実際によく調べて購入する方が良いかもしれません。

 

 

 

9ヶ月目(32週〜)

 

9ヶ月目くらいになると、背中や腰がかなり痛み出しました。

もしかしたら大きなお腹を支えようと、腰や背中の背筋に負担がかかっているということなのかもしれません。

 

運動不足への危機感もあるのですが、それでもこの月は次第に動くのも辛くなってきており、「横になりたい」という気持ちが強いです。

また、ちょっとしたこと(少し買い物に行くとか、階段を登るとか)で疲れるという傾向もあったように思います。

 

買った抱き枕が大活躍し出したのも、この頃からです。

 

 

胎動は相変わらず激しく、毎日赤ちゃんを感じることができます。

よく話しかけてみました。

 

33週を過ぎた頃から、股関節が痛み出しました。右側だけなのですが、歩くとかなり痛い状態が続きます。

 

 

それに、足(ふくらはぎ・太もも)のむくみもひどくなっていきますので、むくみ解消のためのオイルやジェルのマッサージは頑張りました。

 

 

この時期は出産にあたっての入院の準備をスタート。

入院グッズを35週までには準備しておいた方がいいと言われますので、大きなバッグに一通り必要だと言われるセット(部屋着、下着、簡単な化粧品など)を入れて準備しました。

 

 

 

10ヶ月目(36週〜)【臨月】

臨月に入ったら、随時アップデートしていきます。

 

 

おわり

-育児・教育
-

© 2020 Chot🌟 Better🌟 Powered by AFFINGER5