育児・教育

赤ちゃんに最適な室温・湿度は?冷房は大丈夫?(計測便利グッズも紹介)

赤ちゃんにとっての最適な室温、湿度はどのくらいなのでしょうか。

それに、冷房、暖房の使用は問題ないでしょうか。

Kたろー
子供が生まれるにあたり、こんな疑問が浮かんできました。

 

生後間もない赤ちゃんにとって、室温や湿度を適切に調整してあげることはとても大事なんでしょう。

赤ちゃんは自分でうまく体温の調節ができないそうですし。

 

とくに夏は要注意でしょう。

赤ちゃんは大人よりも平熱が高いらしいので、夏に室温が上がりすぎると汗をかきすぎたりして汗疹などの肌トラブルを起こしかねないですよね。

また、調べる限り、室温だけではなく「湿度にも気を使うべし」ということだそうです。これはダニやカビの繁殖を抑えるという、衛生的な側面が強いですね。

 

ところで、室温をうまくコントロールする上では、冷暖房が便利です。

ですが、赤ちゃんにとって、冷房の風ってどうなんでしょう?

というのも、

「冷房をかけすぎると汗腺が発達しない」

といった噂が昔からあり、結果として自分で体温調節ができない子に育ってしまうという恐ろしい言い伝えもあります。

 

Kたろー

そこで今回は

  • 赤ちゃんにとっての最適な室温、湿度
  • 冷房は使ってOK?
  • 便利グッズ

について調べたことを記していきますね!

 

 

赤ちゃんにとっての最適な室温、湿度は??

赤ちゃんにとっての最適な室温は、

  • 夏:26〜28℃
  • 冬:20〜22℃

らしいです。

赤ちゃんの体温は36.5〜37.5℃ほどと、若干大人より平温が高めのようなので、夏は特に暑くなりすぎないよう、室温調節は注意した方が良さそうですね。

 

湿度はどうでしょうか。

  • 最適な室温:40〜60%

湿度は夏でも冬でも40〜60%が最も快適に過ごせる湿度のようです。

これは僕たち大人と同じ感覚ですね。

 

湿度は高くなりすぎると、夏はダニやカビの原因になります。

冬は湿度が下がりすぎると、僕たちと同じように喉を痛めたりすると思うので、要注意ですね。

 

 

冷房・暖房は使って良い??


では、赤ちゃんにとって冷房、暖房、いわゆるエアコンの使用は問題ないのでしょうか??

 

気になるのは、昔からよく言われる「冷暖房を使うと赤ちゃんの汗腺の発達が阻害され、自分で汗をかき体温調節するのが苦手な子供に育ってしまう」と言う点。

調べたところ、実はこの説は最近否定的な見解が多いようです。

エアコンの使用頻度と汗腺の発達はあまり関係がなく、むしろそれを遅れて暑い中でエアコンをつけずに我慢している方が熱中症などの危険もあり、避けるべきとの意見が専門家の間でも多いようです。

 

よって、夏でも冬でもエアコンを適切に使用することで、赤ちゃんにとって快適な環境にするために室温調節を上手にしてあげようと思います。

 

とはいえ、汗を全くかかない生活を継続していると、汗腺が発達しないというのも真実だと考えられているようで、適度に汗をかく習慣はあっても良いかもしれません。

 

 

準備した家電:ダイソンPURE COOL (空気清浄機)

 

買ったのはダイソンのPURE COOLというタワー型の空気清浄機です。

約6万円弱と、決してお財布に優しくはありませんが、とても満足しています。

 

※メルカリで不要なモノをバンバン売ったら、購入代金をほとんどまかなうことができました!

 

 

ダイソンのPURE COOLの機能は

  1. PURE→空気清浄
  2. COOL→扇風機

という2つの機能を持っています。

 

 

メモ

ダイソンの空気清浄機は他に

  • HOT(温風機能)
  • HUMIDITY(加湿機能)

といった機能を備えている商品もありますが、うちには床暖房もあるため温風機能はなくても良いかという判断になりました。

また加湿機能は、水をこまめに入れて使用するのですが、水周りはかなりこまめにお手入れをしないと、菌の温床になってしまいます。

以前シャープの空気清浄機を使っていたのですが、2週間に一度くらいの内部清掃でも十分とは言えないように感じました。

 

赤ちゃんが生まれたら、なかなかそういったこまめな手入れにも時間が割けないかもしれませんよね。

そうなるともしかしたら空気を清浄するどころか、菌の拡散装置に様変わりすることも考えられます。

「大人だったら大丈夫な菌でも、赤ちゃんにとっては一大事だよね」ということで、加湿機能は見送ることにしました。

 

 

子供が生まれるにあたり、このダイソンPURE COOLを導入した理由を書いてみます。

 

便利なポイント① 安全

通常の扇風機と違って、ダイソンの扇風機機能は、羽がないんです。

赤ちゃんが手や指を入れて、怪我をする心配がありません。

 

 

便利なポイント② 空気の循環を助ける

冷暖房を使うことで部屋の室温を適切に保つのが重要という話でした。

とは言え、例えば冷気が直接赤ちゃんに当りつづけるのはよくないと思われます。

 

なので、エアコンと赤ちゃんのベットは多少は離しておくようにすると思いますが、

このダイソンの送風機能を使うことで、エアコンの冷気や暖気を効率的に部屋に循環させることができ、全体の室温が均一になります。

 

便利なポイント③ きれいな空気を届ける

ダイソンのPURE COOLは、当然ただの扇風機ではなく、空気清浄機能つき。

清浄機能に関しては業界屈指の実力を備えていますから、クリーンな空気で赤ちゃんに居心地よく育ってもらうためにも、空気清浄機は準備しておいた方がいいかなと思いました。

 

便利なポイント④ 部屋の温度と湿度が一目で

ダイソンの本体に液晶がついており、これで部屋の温度や湿度が一目でわかります。

 

さらに便利なのがDyson Linkというアプリ。

これでスマホからも部屋の状態が一目で分かるのは非常に便利です。

 

 

ちなみにDyson Linkアプリ上で、風量や首振りの角度、タイマーやモードの設定なども行うことが出来ますので、いちいちコントローラーを操作せず、常に手元に持っているであろうスマホで操作が全て完結できる点はとても便利。

 

 

まとめ

Kたろー
ここまで読んでくださり、ありがとうございました。

 

赤ちゃんのために、室温と湿度を適切に保つことはとても大切。

赤ちゃんにとっての最適な室温は、

  • 夏:26〜28℃
  • 冬:20〜22℃

最適な湿度は、

  • 40〜60%

 

ということでした。

家の冷暖房を使ってもOKのようですので、快適な空間を維持するために積極的に活用してあげましょう!

 

部屋の室温や湿度の確認、それから部屋の空気をクリーン保ち、冷房や暖房の空気の循環を良くしてあげる目的で、ダイソンPURE COOLを買いました。

Kたろー
約6万円弱と、決して安い買い物じゃなかったんですが、実はこれは家の無駄なものを全てメルカリで販売しまくることで捻出しました。

断捨離ですね笑

 

このダイソンPURE COOLに限定しなくても良いとは思いますが、赤ちゃんにベストな室内環境を作り出してあげるべく、いろいろと準備していきたいです。

 

おわり

 

-育児・教育
-, ,

© 2020 Chot🌟 Better🌟 Powered by AFFINGER5