育児・教育

【ベビーカー】ベビーゼンのyoyo2で"0+6+"ではなく"6+"を選んだ理由

ベビーカーで特に人気の高いベビーゼンのyoyoシリーズ。

2020年3月にはyoyo2が発売され、さらに使い勝手がよくなりました。

 

このベビーゼンのyoyo2は

  • yoyo2 6+
  • yoyo2 0+6+

の2種類があります。

"6+"は生後6ヶ月目からしか使えませんが、"0+6+"は生後0〜6ヶ月も、それ以降も使える仕様なんです。

 

 

 

"0+6+" か "6+" 

どちらを買うべきでしょうか。

 

Pちゃん
私たちはyoyo2 6+を買いました!

なんでそうしたのかについて、ご紹介しようと思います。

 

 

 

結局のところ、どちらを買うかは

「生後6ヶ月までの間をどうするか」

次第ですよね。

 

私は、外出できるようになる生後1ヶ月くらいからでも、積極的に赤ちゃんを外に連れ出してあげたいなと思ったのですが、それならば"0+6+"が必要です。

 

じゃあ、"0+6+"で決まりだな
Kたろー
Pちゃん
そう簡単にはいかないんだなあ
??
Kたろー

 

 

yoyo2 0+6+はもったいない

たしかに、生後1ヶ月から赤ちゃんを外に連れ出すには、yoyoを買うなら"0+"の部分が欲しい。

 

そうは言っても、"0+"の部分は6ヶ月目以降には使えなくなっちゃいますし、

Pちゃん
それだけで28,000円もアップするのか...

と釈然としない思いもありました。

 

確かに、他のメーカーのベビーカーであれば、付け替えとかナシで、生後1ヶ月からずっと使えるもんなあ。
Kたろー
Pちゃん
サイベックスのミオスとかそうだったよね

 

それに、「生後6ヶ月」とはいいますが、実際には4ヶ月くらいで首がすわることも多いらしく、

「"0+"の部分を買っても、たった3〜4ヶ月しか使えないのかあ」

と、ややもったいない感を感じてしまったのでした。

 

 

チャイルドシートを活用する

そこで私たちがとった戦略は

「チャイルドシートを使う」

です。

 

前回の記事でもご紹介したように、チャイルドシートをベビーカーにくっつけることで、生後1〜6ヶ月を乗り切ることができます。

"0+"の部分の役割をチャイルドシートがやってくれるってやつね!
Kたろー

 

 

すでにチャイルドシートを持っている方は、ぜひそうした方がいいでしょう。

"0+6+"は不要で、"6+"で十分だと思います。

ただしyoyo2とチャイルドシートを繋ぐには、専用のアダプターが必要なのでご注意を!(前回の記事にも書いてます)

 

 

でも私たちは第一子なので、チャイルドシート持ってないです。

それに、都内在住。

車に乗る事は実際ほとんどないんですよね。

 

チャイルドシートを買うとなれば数万円するので、下手をすれば"0+6+"を買っておけばよかった、という事態になりかねませんよね。

Kたろー
・・・

 

 

 

チャイルドシートは都内でも絶対に使う

都内在住で、そもそも普段車に乗る機会はほとんどありません。

年に数回、思い切って郊外のアウトレットにレンタカーを借りて行くくらい。

育児が忙しくなって、そこまで頻繁にアウトレットに行くとは思えません。

 

 

しかし、それでも"0+6+"を買わずに、チャイルドシートで代用することにしたのには、理由があります。

 

Pちゃん
生後すぐ、車に乗る機会が必ずあるのよ
え、いつ?
Kたろー
Pちゃん
それは出産を終えて退院の日。病院から帰ってくる時なんだよね

 

 

もちろん産婦人科に徒歩で行ける方ならば良いでしょうけど、そういう方ばかりではないでしょう。

たしかに、生後5日くらいの赤ちゃんをまさか電車に乗せて帰ってくるのはこわいもんな...
Kたろー

 

それだけではなく、生まれたあとも定期的な検診で産婦人科に行くケースが多いそう。

生後1ヶ月以降は外出してもいいので、ベビーカーに乗せて電車で行ってもいいのですが、車の方が安心かもしれません。

 

それに、チャイルドシートって法律で6歳までは着用義務があるんですよ。

6年間って結構長くないですか?

 

だから

Pちゃん
都内でも車には多分乗るから、多分チャイルドシートは必要

というふうに考えました。

 

 

レンタルを活用する

でも、チャイルドシートって高いよな...
Kたろー
Pちゃん
チャイルドシートは買うと値が張るけど、レンタルすれば安く使えるのよね

 

そうなんです、レンタルすれば、買わなくてもチャイルドシートを安く使い続けることができます。

 

 

チャイルドシートを買おうとすれば、ものにもよりますが、新生児から使えるものは1万円ほどからありますが、3万円や5万円ほどするものも多いです。

新生児から使えるものは概ね4歳ごろまで使えるようですが、チャイルドシートは法律で6歳までと決められています。

 

よって、新生児から使えるものを買っても、大きくなったら買い直さねばなりませんし、その時々で買い替えていては、お金がいくらあっても足りないわけです。

チャイルドシートは新生児で使えるものが最も高価です。4歳以降で使うものは1万円以下で買えますので、買い換えるとしても同じ額が必要というわけではないです

 

でもレンタルであれば、その時々でサイズのあったものを借りればいいんですよ。

 

 

でも何ヶ月もレンタルしてたら、すごく高いんじゃないの?
Kたろー
Pちゃん
半年で12,000円くらいから借りれるところが多いよ
おおお、そのくらいなら高くはないね
Kたろー

 

半年で12,000円でレンタルできるなら、yoyo2の"6+"を使えるようになる半年間はこれで乗り切れます。

生後の検診時もバッチリです。

 

まとめると

まとめ

yoyo2の"6+"を65,000で買うか

生後6ヶ月までのことを考えて、yoyo2の"0+6+"を93,000円で買うか

↓

チャイルドシートレンタルして、ベビーカーにセットすれば、半年でチャイルドシートを12,000円〜20,000円で借りれるので(アダプターも3,500円でレンタル可)なので、yoyo2の"6+"で問題なし。

 

 

 

あとは車で遠出や旅行する時、どうしても必要なときだけ事前にレンタル予約しておけば、2日間で1,500円ほどで借りれるサイトは山ほどあります。

レンタカーを借りるのであれば、オプションで安くつけれますしね。

 

 

 

おすすめのチャイルドシートのレンタルショップ

 

見つけたおすすめのレンタルショップはこちらです。

Baby's Mama(ベビーズママ)

 

このショップのいいところは3つあります。

 

一つ目は

Pちゃん
専用アダプターも一緒にレンタルできること!

 

実は、yoyo2にチャイルドシートを設置するためには専用のアダプターが必要です。

このアダプター、購入する場合は8,800円(税抜き)するんですが、このサイトであればアダプター込みでチャイルドシートを借りれる点もとてもいいです。

調べたところ、アダプターまでレンタルできるショップは多くはありませんでした。

 

 

二つ目は、ここのショップは往復の送料込みの値段なんです。

他のショップは往復送料が別でかかるところが多そうだったね
Kたろー

 

 

そして、三つ目!

このショップがいいところの最大のポイントは、レンタル開始の予約もできるところ。

Pちゃん
出産予定日に合わせて、あらかじめ予約が可能なんです!
なるほど、レンタル期間を無駄なく設定できるんやね
Kたろー

 

使い始めるであろう日に合わせて予約しておけば、産後の退院の日に車で帰宅する際にも使えるので、便利ですよね。

 

 

<参考の過去記事>

▼【ベビーカー】ベビーゼンのyoyo+のアダプターはyoyo2でも使えるのか

 

 

終わり

 

-育児・教育
-, , ,

© 2020 Chot🌟 Better🌟 Powered by AFFINGER5